検定難易度ランキング のTOPに戻る


中国語検定1級 難易度

中国語検定試験1級の難易度は7です。とてつもなく難しい試験です。英検1級とは比べ物にならないレベルの難しさです。

勉強時間は準1級の合格からでも数千時間レベル勉強期間も数年は必要とするレベル、中国語の通訳になるよりもかなり難しいと言われています。ここまで検定試験を難しくする意味はいったいどこにあるのでしょうか・・・。

試験回数も11月の年1回しかありません。大型書店やアマゾンなどで勉強できる可能性もあるのですが、いかんせん情報は少なく、勉強もしにくい。

合格率も5%で年間250名程度しか合格できない超難関試験、検定試験の中でもこの中検1級を上回る難易度のものはおそらく出ないとレベルです。

中国語検定の1級は高いレベルで中国語を駆使しうる能力、準1級は実務に即従事しうる能力、2級は実務能力の基礎づくり完成、3級は自力で応用力を養いうる能力、4級は中国語の基礎をマスタ、準4級は中国語学習の準レベルとなっています。英検よりはかなり難しいです。

受験料は8500円です。筆記試験とリスニング試験があって、双方とも択一試験と記述試験があり、その双方とも満点の85%を取らないと合格できません。本当に過酷な試験です。中国語を仕事にする人でなければ、あまり考えなくてもいいレベルといえます。

この中国語検定試験対策の大手のスクールがなかなか見つかりませんでした。そこですばらしい中国語講師の方を紹介します。

木義霏(モク・イフェ)さんという方で、日本語と中国語・英語の3か国語を操ることができます。木さんは中国の長春生まれ、米国の高校を卒業、来日2年半で日本の国立大学に合格したという才女です。ちなみに美しい方でもあります。

この方です。
160

木さんの中国語の指導法、講師と生徒が一緒になってとにかく楽しむことと言っています。先生も一緒になり、日本人の優秀なビジネスマン・起業家・学生などとの交流を楽しみながら、中国語を指導していきます。

ということで授業がとても楽しい。だから上達も早いといえます。楽しむことで言葉の上達も早くなりますし、検定のための試験勉強にもやる気が出ます。

特にこれからビジネスをしたい方中国への出張を言い渡されてしまったサラリーマンさんなどの方に、ぜひこの木さんの中国語の授業を受けていただきたいと考えています。上達の早さを実感できるはずです。

当サイトでは中国語や中国語検定に関する悩みごとや不安に対しての相談を直接に木さんにすることができるようにしました。

全然中国語分からないけど、「会社から中国出張を言われた大学の中国語学部にいるけど、授業がさっぱり分からない・・」などの方も含めて、中国語に不安や苦手意識を持っている方はぜひ相談してみることをオススメします。悩みは専門家の方に相談して早めに解決しましょう。

相談はcounselorsoudan1@gmail.comまでメールしていただければと考えています。ただし木さんの中国語の授業に興味のある方に限定させていただきます。

最後までおよみいただいてありがとうございました。
関連コンテンツ

和裁検定1級 難易度

和裁検定試験の難易度は1級が7、2級が6、3級が5、4級が4というところです。実技試験の時間が長いのと、受験者や合格者も少なく、少数激戦を予想します。かなりハイァΑΑ

通訳ガイド検定の難易度

通訳ガイド検定試験の難易度は7です。合格率も低く、1年に1度しかない試験ですので、国家試験並みの難易度であるといえます。 その通訳ガイド検定試験の合格率は英語12 ΑΑ

貿易実務検定試験の難易度

貿易実務検定試験の難易度はA級は7、準A級が5、B級とC級が4というところにしておきます。合格率は全体的に高くないです。 その合格率はA級が7%前後、準A級が30%前・・・

JTF翻訳検定1級の難易度

翻訳検定試験実用レベルの難易度は1級が7、2級が6、3級が5ということにしておきます。かなり難しい検定試験です。 別名JTF翻訳検定と呼ばれ、翻訳業界の中で・・・